shutterstock_291026291サロンやクリニックで全身脱毛をする時には、大抵の場合、全身をいくつかの部位にわけて施術する事がほとんどです。
例えば上半身、下半身、デリケートゾーンのように分ける事もあれば、上半身と下半身を表と裏に分ける事もあります。

デリケートゾーンが含まれているか、含まれていないかによっては料金や施術の期間には若干の違いが出てきますが、ほとんどの場合は大きな違いと言う事にはならない事の方が多いと言えます。

銀座カラーで全身脱毛を行う場合、施術部位の範囲は適切なのでしょうか。

■銀座カラーの施術部位は大きくわけて3つ

銀座カラーでは全身脱毛をする時に全身を3か所に分けます。

・腕、足全部(指先含む)
・背中、腹全部
・V、I、Oライン

この3つの部位が全身脱毛の対象部位になりますが、良く見ると顔やうなじは含まれていない事がわかります。
デリケートゾーンは別料金と言う事も多いサロン業界なので、その点においてはとても便利に利用出来ると言えます。

■顔の脱毛はオプション

ほぼ顔以外の全身をカバーしている銀座カラーも、顔脱毛だけはオプションになります。
しみがある方でも安心して利用出来ますし、むしろ改善する可能性が高いのでもしも予算に余裕があるならオプションでも付けておいた方が良いと言えます。

しみなどが照射される光に反応して火傷の心配がある、と言う方も安心してください。
照射される光はメラニン色素だけに反応しますから、極端な火傷をすると言う事はありません。

■へそ周りや乳輪周りも対応可能

銀座カラーではへそ周りや乳輪周りの脱毛にも対応しています。
もちろん、全身脱毛の範囲に含まれていますから、何も心配する事がありません。
こうした部位も事前の自己処理が必要になります。

自己処理で背中やOラインといった手の届かないところに関してはスタッフが対応しますので、こちらも問題などはありません。
万一、他の部位で自己処理が十分ではないところがあっても、出来るだけ剃るようにアドバイスをもらう事が出来ます。

■銀座カラーは全身脱毛の範囲は適切

銀座カラーの全身脱毛の部位は顔こそ含まれていませんが、他の部位に関しては適切だと言えます。
デリケートゾーンもしっかりと含まれていますし、各部位の名称が多少違っていてもしっかりと脱毛をしてもらう事が出来ます。

事前の自己処理さえしっかり行うように気を付けていれば、何の問題も無く全身脱毛の施術を隈なく受ける事が出来るサロンです。

ファーストクラッシュ ニキビでは、若い女性達から、肌の質がよくなった!という口コミが多いようです。